様々な費用について話し合った後でマンションを貸すメリット

互いに納得できる条件での契約が結べた

親が持っていたマンションを貸すことに一番難航したのは費用のこと互いに納得できる条件での契約が結べた

知り合いはずっとペットを飼いたいと希望していて、私のほうは家の柱や床が汚れるから嫌だと言い合っていました。
すると知り合いがペットによって柱や床に傷がつかないようにするグッズをホームセンターで購入してきて、これを使うから許可してほしいと訴えてきたのです。
最終的にはペット関連のトラブルは全部知り合いが責任を持つことで決着しました。
その他にも費用面では、いろんなことが議題にのぼりました。
例えば私が当時契約していた電気代をもう少し安くできないかという話も出ましたし、他のマンションを借りる時のように水道代を固定にしてほしいという要望も出たぐらいです。
ライフライン関係の費用については、私があくまでも住んでいない家の管理をお願いする名目で貸すことを理解してもらいました。
そして実際に私が転勤しマンションを貸すことになったのですが、事前に面倒な費用面について話し合っていたおかげで大きなトラブルも発生しませんでした。
むしろ転勤生活を終えて帰ってくると、周囲に住んでいた人達から知り合いの愛用の良さを褒められたぐらいです。
正直話し合っている最中は、何度か転勤中も家をそのまま放置していったほうがいいんじゃないかと悩みました。
ただ細かい部分まで徹底的に話し合った末に、互いに納得できる条件での契約が結べたのはとてもメリットが高かったです。

マンション貸す | 不動産売却なら|全国直営仲介No1の【住友不動産販売】へ